東京で目頭切開を体験してみました

子供の時から一重のまぶたにコンプレックス

目頭切開 東京目頭切開 目の整形 | プリモ麻布十番クリニック

子供の時から一重のまぶたにコンプレックス目頭切開はダウンタイムが短い綺麗な二重まぶた

子供の時から一重のまぶたにコンプレックスを感じていて、彫りの深い目元を無理やり作るためにもアイプチや二重テープなどを利用して目元に二重ラインを作るようにしていました。
ただメイクをしている時は二重まぶたを維持することができても、すっぴんの時などは一重の状態のままなので、常に綺麗な目元を手に入れたいと感じるようになり、東京にある美容外科クリニックなどの医療機関で二重治療を受けることにしました。
デリケートなまぶたはアイプチなどを利用する際に使用するプッシャーで押し付けるたびに、まぶたの皮膚に小じわが就いてしまうことが悩みだったので、小じわが複数ついてしまう前に二重治療を得意とする美容外科クリニックを探すことにしました。
施術を受ける際に二重治療にはどのような方法があるのか調べてみたところ、目頭切開と呼ばれる手術を行って半永久的な効果を得る方法や、医療用糸を利用してまぶたを留める埋没法の二種類があることがわかりました。
最初は埋没法の方が皮膚への負担が少なく、ダウンタイムが起こりにくいのではと感じましたが、糸で留めている状態なので人によっては外れてしまうこともあると知り、これなら半永久的な効果を得られる目頭切開を受けることに決めました。
ただ手術で切開を行う以上、バランスが悪くなったりやりすぎたというトラブルが起こらないようにするためにも、クリニック探しをする際にカウンセリングの対応がきちんとしており、経験豊富な医師がいるクリニックを選びました。

インスタで見て気になってたホスト、グルダンだったんだ。
東京行くとき店行きたいなあ、、、

— 目頭切開必須ちゃん??ぴ活 (@sasya0318start) 2019年7月25日